2017年8月6日日曜日

豊田の山楽会と集材作業を合同で行いました 

豊田の間伐グループ山楽会と合同で集材作業を行いました。

材を引くウインチの使用経験について
 山楽会んのメンバーはポータブルウインチを使用して材の搬出経験があります。
 逆に ひっぱりだこ での経験は殆ど無しとのこと。水守森支援隊とは反対の経験です。

ポータブルウインチを使用した経験話を聞かせて戴く事が出来ました。
 ① 繊維ロープで牽引すると、材が切り株等に引っかかった事が分からず引き続ける
   とロープが伸び「外れたときに材が飛んでくる」と言っていました。状況によっ
   てはかなりの勢いで飛ぶようです。PW5000の牽引力は使い方に寄っては
   危険なケースもあります。
 ② プーリーにロープを巻き付け牽引するのですが、この操作時、指を巻き込む危険性
   を感じた事もある。
 ③ ボランティア活動での購入は、高額過ぎて手が出ません。

ひっぱりだこを使用した経験から
 ① 5mmのワイヤー40m使用しての牽引です。牽引力375kg。切り株等に
   引っかかると即停止。エンジンの回転はそのままでクラッチが滑る。すぐにアク
   セルを離す事。
 ② ワイヤーですから、使って行くうちに「縒り」が掛かりワイヤードラムのどちら
   か一方に片寄り本体と擦れ過負荷で停止する。オペレーターは牽引とドラムの
   両方を管理します。
   緩く巻いた上に強い張力が掛かるとドラムに巻いたワイヤーの隙間に食い込み外す
   のに相当の牽引力がいります。引くために何らかの補助具が必要
 ③ ロープ1本で設置ができ、これは助かります。しかもハイリード(1.5m高)
   で引ける。
 ④ ひっぱりだこ は現在、生産されていないので入手は困難。

偶然ですが、マダニに咬まれた2名が体験談を語る1日でした。
 ① ゴルフだったか終えて帰宅し風呂に入って体の位置は聞き忘れたけど1匹咬まれて      
   いてビックリして医者に駆け込んだーー例
   医者の対応  ◎ピンセットで「ぴっ」で終わり?!
          ◎丸いメス?でくり抜く、外科処置 お医者さんに寄っては対応が
                           違います。
 ② 森の健康診断で西日本に出張して帰宅。背中に違和感を感じ家人に確認して
  もらったらマダニで咬まれた。地域が西日本。検体を送って検査結果待つ間は生きた
  心地がしなかったーー例

マダニがいる山に入りましたので帰り際、マダニが付着していないか確認して「いない」事を見届けて帰宅の途につきました。
なかなか興味深いテーマで盛り上がりました。
                  もりのどらちゃん

0 件のコメント:

コメントを投稿