2016年10月19日水曜日

スッキダーコーンの回収を手軽に行うテスト

集材作業を行うのにスキッダーコーンを使用すると飛躍的に効率が上がること体験しています。

しかしこのスキッダーコーンを持って次の材まで移動することが大変な作業で有る事も同時に体験しています。

今回はウインチを2台使用します。(今回はテストです。また短距離で実施)
スキッダーコーンを引き戻すための準備完了

引き戻し開始

もう一台のウインチで搬出材の位置へ

材に玉掛けを行なったら土場のウインチにお任せ
これでオペレーターは荷掛、荷外しウンチ操作に2名で対応
ロープウインチで引き戻しも考えて見たのですが、常にロープを引く手間無くしたらどうかな?とテストを行いました。

確かに体力的には楽になりました。スキッダーコーンや材の動きを注意しながらスロットルの操作だけですから。

実際に試して見ると新しい問題が出てきました。荷掛と外し作業に手間取るので改良が必要です。

スッキダーコーンの移動が引く時に滑って前に移動する事を止めないと材との距離が離れ上手く行きません。特に下りの時は要注意です。

また、小さくても2台のウインチが要ることはボランティア活動では資金面で難しい問題です。

エンドレスで搬出も考えましたが朝、設置。夕には撤収するため単線での運用が現時点で最良かなと思っています。

                                              もりのどらちゃん

0 件のコメント:

コメントを投稿